収入アップを目指すなら|あらた監査法人の採用試験を受けよう

様々な職種

求人選びのコツ

ウーマン

貿易業界に転職する際には、求人選びに参考になるポイントが2つあります。それは貿易の分野と使用する言語です。まずは分野についてです。貿易業界といっても、どの分野に関する取引を専門にしているかは会社によって大きく異なります。例えば、衣類を専門に扱う会社もあれば、売れそうな商品であれば分野に関係なく取り扱うという会社もあります。そのため転職する会社をなかなか絞れない場合は興味のある分野や前職で扱っていた分野を専門にしている会社を探してみましょう。また興味のある分野があり、それしかしたくないという場合は総合的な会社よりも専門性の高い会社の方がオススメです。なぜなら総合的な会社の場合は目当ての分野を扱う部署に配属されるかどうかが不明瞭であるからです。次に言語についてです。貿易は海外とのやり取りが頻繁に行われるため外国語をある程度習得しておく必要があります。外国語というと英語のイメージが強くありますが、取引をする国によって使用言語が大きく異なります。アメリカやイギリス、その他英語圏の国との取引であれば英語の使用が多くなることが予想されますが、ドイツであればドイツ語が必要になりますし、フランスであればフランス語が必要です。そのため、既に外国語を習得しているのであれば、その外国語を使用できる国と取引をしている会社に転職するのも1つの方法です。また外国語が一切できない場合は外国語を使わない部署を有している会社に転職する方法が考えられます。